メディアから機種を選ぶ

メディア一覧はこちらから

NEW
2013.01.28
新製品情報
(日刊工業新聞社)

新製品情報 新製品情報

NEW
2012.12.12
新製品情報
(日刊工業新聞社)

新製品情報12月(日刊工業新聞社) 新製品情報

NEW
2012.11.14
RBB TODAY
(株式会社イード)

RBB TODAY(株式会社イード)

NEW
2012.07.19
イプロス
(株式会社イプロス)

RBB TODAY(株式会社イード)

NEW
2011.10.04
Campus Safety magazine
(米国)

Campus Safety magazine

2011.09.14
KSBスーパーJチャンネル
(KSB瀬戸内海放送)

KSBスーパーJチャンネル

2011.02.07
資源循環新聞
(日報アイ・ビー)

資源循環新聞

2011.01.29
KSBスーパーJチャンネル
(KSB瀬戸内海放送)

KSBスーパーJチャンネル

2010.12.13
KSBスーパーJチャンネル
(KSB瀬戸内海放送)

KSBスーパーJチャンネル

2010.11.28
RSKラジオ
(山陽放送)

おかやま企業セレクション2010~ドリームメイカーを探せ!~

2010.10.15
山陽新聞
(山陽新聞社)

山陽新聞記事

2010.07.09
ニッキン
(日本金融通信社)

ニッキン記事

2010.03.07
自由人、会社人
~トップの横顔~
(KSB瀬戸内海放送)

自由人、会社人~トップの横顔~放送の様子

2009.05.27
かんさい情報ネットten!
(読売テレビ)

かんさい情報ネットten!放送の様子

2009.02.25
山陽新聞
(山陽新聞社)

山陽新聞記事

2008.09.03
フジサンケイビジネスアイ
(産経新聞社)

フジサンケイビジネスアイ記事

2008.07.08
山陽新聞
(山陽新聞社)

山陽新聞記事

NEW
2010.09.16
ビジネスコンテスト最優秀賞
(第6回しんきん合同ビジネス交流会)

第6回しんきん合同ビジネス交流会におけるビジネスコンテストにて最優秀賞を受賞しました

2009.12.16
岡山県資源循環推進事業

岡山県資源循環推進事業に承認されました

〒708-1117
岡山県津山市草加部1147

TEL:0868-29-7057(代)
FAX:0868-29-7055
info@mighty-security.jp

ホーム > 対象メディアから選ぶ > CMT

CMT

LTOのデータ消去、本当にその方法で大丈夫ですか?重要なデータを、消えないように保存しておくこと-それが、LTOの本来の役割です。だから、LTO内のデータは、そんなに簡単には消えません。廃棄したLTO、もしデータが消えていなかったとしたら・・・。

データ消去の落とし穴に、はまっていませんか?

情報漏えい防止のためのセキュリティ対策として、CMTなどの記録メディアを廃棄する際に行うべき適切な処理とは、「必ずデータ消去してから廃棄すること」です。そうすることで、廃棄経路の中で万が一流出したとしても、情報の漏えいは防ぐことができます。このことはセキュリティ対策の常識として、一般的に認知されてきています。

ところが、それでも残念ながら「廃棄したはずの記録メディアから情報が漏えいした」というケースが発生しています。それはなぜなのでしょうか?

【情報漏えい事例1】
東京消防庁が大手電気メーカーに廃棄処理を委託したはずのハードディスク(個人情報を含む情報が含まれていた)が中古品量販店に流出していた、という事件が発生。
→ どんなに信頼できる業者でも、そのまま処理を任せて安全とは言えません。

【情報漏えい事例2】
ある大学生が中古で購入したパソコンに市販のデータ復元ソフトを使用してハードディスクのデータを復元してみたところ、なんとある医療機関が健康保険組合などに医療費を請求するために作成した診療報酬明細書の画像データが残されていた、という事件が発生。
→ データ消去方法を誤ると、情報漏えいリスクが高まります。

「削除・フォーマット」、「上書き消去」、「磁気消去」、「物理破壊」。
色々なデータ消去方法がありますが、どの方法が本当に確実なのか正しく理解されていますか?

もしも誤解や勘違いで『データ消去の落とし穴』にはまっていたら、、、。

今のデータ消去方法に少しでも不安を感じたあなた、大至急『データ消去の落とし穴』にはまっていないか、チェックしてください!

本当に確実なCMTのデータ消去方法とは?

本当に確実なCMTのデータ消去方法、それは「物理破壊」です。
※「え?」と疑問に思われた方は、「データ消去の落とし穴(データが簡単に消えないワケ)」をご一読ください。

ところが、やはり物理破壊によるデータ消去にも落とし穴があります
それは、「物理破壊は、データそのものを消去する方法ではない」ということです。
CMTを物理的に破壊して形状を変えることにより「コンピューターで読み込めないようにする」のが物理破壊であり、上書き消去や磁気消去のようにデータそのものを消去する手段ではないのです。

いわば物理破壊は、間接的なデータ消去方法と言えます。
データそのものが消えているわけではない以上、中途半端な物理破壊はかえって危険だということです。

と言うのも、悪意の第三者からすれば、「物理破壊されている=重要情報が保存されている」メディアであり、かつ「原形が判別できる中途半端な破壊状態=情報を抜き出せる可能性あるかもしれない」と認識でき、情報の抽出を試みたいという心理を招きます。
つまり中途半端に物理破壊することで、余計に情報漏えいのリスクを高めてしまうことにもなりかねないのです。

「局所的に穴を開けた」で、本当に大丈夫ですか?中途半端な物理破壊は、データ消去方法として非常にリスクが高いと言えます。データが消えていない可能性も否定できない上、重要情報が保存されていると認識されてしまいます。

物理破壊によるデータ消去の落とし穴にはまらないためには、「原形さえ判別できないほどに徹底的に物理破壊すること」です。

ところが徹底的な物理破壊といっても、例えばCDやFD(フロッピーディスク)程度ならメディアシュレッダーにかけられますが、CMTはどうしたらよいのでしょうか?

そこまで徹底的に破壊できる機械は、業者用の大型機以外あるわけない!お言葉ですが、大型機でも難しいと思います。何!?

CMTは、情報が保存されている箇所であるテープは柔らかい素材でできているため「細断」しなくてはなりません。ところが硬質プラスチック素材のケースで覆われているうえに、500円玉ほどの金属片が含まれており、これらを従来のメディアシュレッダーの類(二軸式破砕構造の機械)で「細断」しようとすると刃こぼれなどの故障を引き起こしてしまいます。

逆に硬質プラスチックや金属片に対応した業者用の大型機械で処理した場合も、今度はテープが細断できずに刃にからみつくなどして、やはり故障につながるケースもあるようです。

このようにCMTは処理するのがやっかいなメディアで、中には金属片などを手作業で取り除いたうえで機械にかけるなど、かなりの手間をかけて処理されている例もあるようです。

じゃあ、どうすればいいんだ!?こんな機械は、どうですか?
これが本当の物理破壊。常識はずれのメディアシュレッダー誕生。マルチメディアクラッシャー・マイティセキュリティ
マイティセキュリティで粉砕したCMT

マイティセキュリティなら、CMTも確実に物理破壊。

金属片ごと処理可能。テープも細かく細断します。

マルチメディアクラッシャー・マイティセキュリティシリーズは、これまでのメディアシュレッダーの構造を根本から覆した全く新しいタイプのメディアシュレッダーです。

柔らかい素材を「細断」する効果と硬い素材を「粉砕」する効果を併せ持つマイティセキュリティなら、やっかいなCMTもそのまま金属片ごと投入するだけで問題なく処理できます。

大量のCMTを外部へ委託することなく処理しなくてはならない、中央省庁や金融機関の事務センターなどを中心に導入頂いております。

このシュレッダー普通じゃない。マルチメディアクラッシャー・マイティセキュリティ。 投入するだけ。まさにストレスフリー。手作業による物理破壊のわずらわしさから、あなたを解放します。※まだまだ多くの方が、手作業で物理破壊しておられるようです。危険を伴いながら、多大な労力と時間をかけても、それほど粉々にはできない手作業のつらさ。あなたもマイティセキュリティで、わずらわしい手作業から解放されてください。


※映像は、「MS-100S」によるCMTの物理破壊の様子です。

適合機種

このシュレッダー普通じゃない。マルチメディアクラッシャー・マイティセキュリティ。

あらゆるメディアに対応。3相200V電源タイプ。MS-100Sの詳細はこちら

集塵機一体型のオールインワンタイプ。
CMTを金属片ごと粉々に物理破壊します。
また集塵機一体型なので、粉塵対策にも有効です。

その他のコンピューター用テープメディア

  • DLT
    DLT
  • LTO
    LTO
  • DAT/DDS
    DAT/DDS
  • 8mmテープ
    8mmテープ
  • オープンリール
    オープンリール