メディアから機種を選ぶ

メディア一覧はこちらから

NEW
2013.01.28
新製品情報
(日刊工業新聞社)

新製品情報 新製品情報

NEW
2012.12.12
新製品情報
(日刊工業新聞社)

新製品情報12月(日刊工業新聞社) 新製品情報

NEW
2012.11.14
RBB TODAY
(株式会社イード)

RBB TODAY(株式会社イード)

NEW
2012.07.19
イプロス
(株式会社イプロス)

RBB TODAY(株式会社イード)

NEW
2011.10.04
Campus Safety magazine
(米国)

Campus Safety magazine

2011.09.14
KSBスーパーJチャンネル
(KSB瀬戸内海放送)

KSBスーパーJチャンネル

2011.02.07
資源循環新聞
(日報アイ・ビー)

資源循環新聞

2011.01.29
KSBスーパーJチャンネル
(KSB瀬戸内海放送)

KSBスーパーJチャンネル

2010.12.13
KSBスーパーJチャンネル
(KSB瀬戸内海放送)

KSBスーパーJチャンネル

2010.11.28
RSKラジオ
(山陽放送)

おかやま企業セレクション2010~ドリームメイカーを探せ!~

2010.10.15
山陽新聞
(山陽新聞社)

山陽新聞記事

2010.07.09
ニッキン
(日本金融通信社)

ニッキン記事

2010.03.07
自由人、会社人
~トップの横顔~
(KSB瀬戸内海放送)

自由人、会社人~トップの横顔~放送の様子

2009.05.27
かんさい情報ネットten!
(読売テレビ)

かんさい情報ネットten!放送の様子

2009.02.25
山陽新聞
(山陽新聞社)

山陽新聞記事

2008.09.03
フジサンケイビジネスアイ
(産経新聞社)

フジサンケイビジネスアイ記事

2008.07.08
山陽新聞
(山陽新聞社)

山陽新聞記事

NEW
2010.09.16
ビジネスコンテスト最優秀賞
(第6回しんきん合同ビジネス交流会)

第6回しんきん合同ビジネス交流会におけるビジネスコンテストにて最優秀賞を受賞しました

2009.12.16
岡山県資源循環推進事業

岡山県資源循環推進事業に承認されました

〒708-1117
岡山県津山市草加部1147

TEL:0868-29-7057(代)
FAX:0868-29-7055
info@mighty-security.jp

ホーム > 対象メディアから選ぶ > FD(フロッピーディスク)

FD(フロッピーディスク)

「普通のメディアシュレッダーではダメなんだ!?」と困っておられる皆さんへ。

普通のメディアシュレッダーではダメなワケ

FD(フロッピーディスク)の物理破壊は、これまでのメディアシュレッダーでも可能です。

しかし当社には、「普通のメディアシュレッダーではダメなんだ!!」という声が寄せられています。

「数分間処理しただけでも、オーバーヒートして止まる!」

「普通の」メディアシュレッダーは、数分継続して使用しただけですぐにオーバーヒートして止まってしまいます。
運転再開できるようになるまでに数十分かかる場合もあり、大量処理しなくてはならない場合には致命的です。

またFDには金属片が含まれるため、「普通の」メディアシュレッダーで大量に処理すると刃こぼれなど故障が早まる原因となります。

「セキュリティが不安。もっと細かく粉砕したい!」

「普通の」メディアシュレッダーは「ハサミで切る」構造のため、あくまでもメディアを「切断して分割する」にすぎません。
そのため処理後の状態から原形を判別することが可能です。

悪意の第三者からすれば、「物理破壊されている=重要情報が保存されている」メディアであり、かつ「原形が判別できる中途半端な破壊状態=情報を抜き出せる可能性があるかもしれない」と認識でき、情報の抽出を試みたいという心理を招きます。

「普通の」メディアシュレッダーで処理したCD。

そんなシュレッダーあるわけない!!実はあるんです。
このシュレッダー普通じゃない。マルチメディアクラッシャー・マイティセキュリティ。 マイティセキュリティで粉砕したFD

大量処理による連続運転もOK。まさにストレスフリー

金属片の混入もOK!原形を判別できないほど粉々に。FDのデータ消去。

マルチメディアクラッシャー・マイティセキュリティシリーズは、これまでのメディアシュレッダーの構造を根本から覆した全く新しいタイプのメディアシュレッダーです。

「普通の」メディアシュレッダーは、紙を処理するシュレッダーのように「二つの刃の間にメディアを噛みこんで細断」しますが、 マイティセキュリティシリーズは、高速回転するハンマーの打撃衝撃によってメディアを粉々に物理破壊する「衝撃式粉砕機方式:クラッシュカット」を採用しました。
つまり、一般的なメディアシュレッダーが「ハサミで切る」のに対し、マイティセキュリティシリーズは「トンカチで叩く」という訳です。

そのため、FDのように叩くと壊れるような材質の記録メディアには最適です。

「細断じゃなく…粉砕!」衝撃式粉砕方式:クラッシュカット


※映像は、最もコンパクトな機種「MS-Z5」でFDを処理しているところです。

「ハサミで切る」構造の「普通の」メディアシュレッダーは、メディアを処理している間、一定の負荷がモーターにかかり続けます。そのため数分間続けて使用すると、モーターが過熱しオーバーヒートで停止してしまいます(保護装置により、数十分間は動作できなくなります)。よって大量処理には向いていません。

マイティセキュリティシリーズは「トンカチで叩く」構造なので、負荷がかかるのはメディアにハンマーが当たる一瞬だけ。そのためモーターが過熱しにくく、長時間の連続稼動が可能で大量処理に対応しています。

また「ハサミで切る」構造ではないため、金属片を含むFDを大量に処理しても故障する心配がありません。

FDの大量処理を求められる現場で活躍しているのはこんな理由からです。

セキュリティレベルなど、目的に応じて粉砕サイズの調整が可能

セキュリティレベルに応じて粉砕サイズが調整可能

セキュリティレベルは、企業や人それぞれの考え方によって異なります。メディアの物理破壊サイズも同様です。
また「粉砕後のくずはリサイクルしたい」や「とにかく短時間で大量に処理したい」など、その目的も様々です。

「普通の」メディアシュレッダーでの細断サイズは、刃のピッチ(間隔)によって決まります。
よって例えば細断サイズを変更したければ、刃自体を変更するしかありません。しかしながら刃を変更することは基本的には困難です。

つまり「普通の」メディアシュレッダーでは、異なるセキュリティレベルに1台で対応することはできません。

これに対してマイティセキュリティシリーズは、粉砕室の粉砕くず排出部にロストル(スクリーン)を設置することで、粉砕サイズを簡単に調整できるようにしました。
ロストル穴径を通過できるサイズになるまでメディアが粉砕室内で粉砕し続けられる構造で、異なる穴径のロストルに付け替えるだけで粉砕サイズが変えられるという訳です。ロストルは簡単に着脱可能です。

この構造によって、原形を判別できない状態にまでFDを粉々に粉砕することができ、高いセキュリティレベルを達成できます。
これが防衛省や警視庁など、機密レベルの高い国家機関にて採用頂いている理由です。

ロストル

適合機種

マイティセキュリティの使用環境、粉砕サイズのご要望などにより、最適機種をご提案します。

このシュレッダー普通じゃない。マルチメディアクラッシャー・マイティセキュリティ。

ハードディスクにも対応。家庭用電源で使えるタイプ。MS-Z5の詳細はこちら

家庭用電源(単相100V)で使用できるコンパクトタイプ。
FDであれば、通常はこの機種で十分です。


あらゆるメディアに対応。3相200V電源タイプ。MS-100Sの詳細はこちら

集塵機一体型のオールインワンタイプ。
MS-Z5と比べて短時間での大量処理や長時間の連続稼動が可能です。また集塵機一体型なので、作業中の粉塵飛散防止にも配慮しています。

その他の磁気式記録媒体

  • HDD(ハードディスク)
    HDD(ハードディスク)